引越し難民 問題

引越し難民問題とは

引越し難民

 

引越ししたいのに、引越しができない人たちを「引越し難民」と呼びます。
今、引越し難民が問題となっています。

 

引越しの繁忙期の3月になると、引越し業者が見つからないのです。
しかし繁忙期は今までもずっとありましたし、引越し業者もこの時期はスタッフを増員して対応するなどの対応していました。

 

それがなぜ今更、繁忙期に引越し業者が見つからないなんていう事態になったのでしょうか?
これは2018年頃から始まりました。

 

原因はおそらく、引越しの現場はキツイという慢性的な人手不足と大手運送会社の業務改革で物流が大幅に変化したことによるトラック運転手の不足です。
トラック運転手のニーズが他でも高まってしまったため、引越しでのトラック運転手が集まらないのです。

 

さらに悪いことに、2019年は大手の引越し業者の子会社が引越し料金を過大請求したために国土交通省の行政処分を受けました。
数ヶ月間の業務停止です。

 

これによりさらに多くの引越し難民が出ると予想されました。
そんなわけで引越し業者から見積りが取れない、もし取れても引越し費用が異常に高い。一大事です。

 

引越し難民になってしまった場合は、繁忙期をずらして引越しする方法を検討してみましょう。

 

先に必要なものだけを新居に郵送して、繁忙期後に大きな家財を運んでもらうとか、先に必要な人だけが新居に行ってあとから家族が引越しするなど、時間差引越しができないかなど、いろいろな方法を検討してみてください。

トップページ > ベッドの配送は無理しないで